TEL:097-527-4390

〒870-0116
大分県大分市常行266-1

内科 循環器科 呼吸器科 小児科

大分市 内科 循環器科 呼吸器科 小児科 夜間診療

診療案内

EPARKバナー
吉村内科循環器科クリニック 院内ギャラリー
MOBILE SITE

循環器疾患

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心臓病、心臓弁膜症、心筋症、またそれらの心疾患による心不全、あるいは不整脈、さらに大動脈瘤や閉塞性動脈硬化症といった大小動脈疾患の診断、治療、管理を行っています。

そして、高次医療が必要と思われる患者さんには専門の循環器科を有する総合病院を紹介し、より適切な医療が受けられるよう連携をとっています。

循環器疾患関連病院

循環器疾患

高血圧

高血圧は脳血管障害や虚血性心臓病、腎不全、大動脈瘤など様々な心血管病のもとになる病気であり、これらの心血管病を予防することが高血圧治療の最大の目的です。そのためには、適切な値まで血圧を下げることが第一で、まず食事や運動など、生活習慣の改善が大変重要になります。しかし、それだけでは血圧を適切な数値に維持する事は困難な場合が多く、そのような患者さんには降圧薬治療を行っています。降圧薬には様々な種類がありますので、患者さんの状態や生活習慣にあった治療法で指導、管理を行っています。

糖尿病

当クリニックでは動脈硬化症の重要な危険因子のひとつということで糖尿病診療にも力を入れています。最近では糖尿病の予備軍である、耐糖能異常という状態から大血管病(狭心症や心筋梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症など)は進行するということもいわれており、より早期からの診断、治療が重要になっています。様々な段階での薬物療法や外来でのインスリン療法の導入も行っています。
また、グリコヘモグロビンを院内測定できるようになり、血液検査の結果を直ちに治療法や薬物の選択に反映できるようになりました。

脂質代謝異常症

動脈硬化症のもうひとつの重要な危険因子である脂質異常症に関する治療も重要です。特に悪玉コレステロールが高値であればそれだけで独立した危険因子となります。最近では治療効果の高い薬や副作用のほとんどない薬も開発されており、薬物療法の選択肢が広がっています。

一般内科

一般内科

気道感染症(風邪、扁桃炎、気管支炎、肺炎など)、消化管感染症(嘔吐・下痢症など)、尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎など)、慢性呼吸器疾患(喘息、肺気腫など)、消化器疾患(胃炎、胃潰瘍、逆流性食道炎、肝炎、胆石症など)の診療を行っています。

訪問診療

当クリニックは通院ができない患者さんのために訪問診療を行っております。月1~2回ご自宅を訪問し、診察、血圧測定、経皮的動脈血酸素飽和度の測定、血液検査を行います。

福祉との連携

福祉との連携

当クリニックは社会福祉法人永生会と連携しており、特別養護老人ホーム、短期入所施設、ケアマンション、グループホームなどにお住まいの患者さんの診療も行っております。
在宅の方でデイサービスや短期入所介護、訪問看護などの福祉サービスが必要な方にはケアマネージャーや地域包括介護支援センターと連絡を取ってサービスの斡旋を行っております。

TOP PAGE