2018年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては健やかに新年を迎えられたこととお喜び申し上げます。

さて、当クリニックは昨年11月1日をもちまして、開院15周年を迎えました。これまで地域の一医療機関として地域の皆様の健康と医療に微力ながら尽くしてきたつもりですが、まだまだ足りない部分も多かったかと思います。昨年の8月からは大分大学医学部より、糖尿病に特化した医師の白石賢太郎先生を月1回の非常勤医師としてお迎えし、糖尿病患者さんのより専門的できめ細かな治療、管理、指導ができるように体制を整えました。また昨年末より、新しいCT装置(ドイツ、シーメンス社製)の設置工事を行っており、完成すれば、頭部、胸部、腹部など広い領域の様々な疾患に対し、非侵襲的でより精密な検査を行うことができ、早期診断、早期治療に結びつけることが可能となります。今月半ばには完成予定で月末から稼働する予定です。
これからも専門的な医療を提供することを目指し、一層地域の皆様に貢献できるよう精進してまいりたいと思います。

最後に今年が皆様にとって健康で幸多き一年になることをお祈りして新年のご挨拶と致します。

院長 吉村 彰