TEL:097-527-4390

〒870-0116
大分県大分市常行266-1

内科 循環器科 呼吸器科 小児科

大分市 内科 循環器科 呼吸器科 小児科 夜間診療

設備紹介

EPARKバナー
吉村内科循環器科クリニック 院内ギャラリー
MOBILE SITE

電子カルテ

受付から診療、会計まで正確にかつ迅速に対応できるよう、電子カルテを導入しています。これによって診療の効率が上がり、患者さんの待ち時間も少なくなっています。

エコー

心エコー

最新の心エコー装置を導入しました。
詳しく心機能の評価ができます。
超音波を発生させる装置を胸にあて、心臓の収縮、弁の動き、心臓の部屋の大きさなどを調べる検査です。

腹部エコー

超音波を発生させる装置でお腹にある臓器(肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓など)の形態や内部に異常がないかを調べる検査です。

 

頸動脈エコー

頸動脈とは、脳に血液を送る首の血管です。頸動脈エコー検査とは、首の血管の様子を超音波を使って簡単に画像で見ることができる検査です。これにより動脈硬化の進行具合がわかり、早期発見にも役立ちます。
高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満などがあると、血管壁が厚くなり、脳血管障害や虚血性心疾患のリスクが高くなります。

血圧脈波検査装置(動脈硬化の検査)

足首と上腕の血圧を一緒に測定することで、血管の硬さや狭窄の程度を調べます。

PWV

心臓から押し出された血液により生じた拍動が血管を通じて手足に届くまでの速さのことで、この値が大きい程、血管壁が硬くなっていることが分かります。

ABI

足首と上腕の血圧の比で血管の狭窄の程度が分かります。

全自動血球計算器・免疫反応測定装置

血液検査により貧血の有無、程度、感染症の有無、炎症の重症度などの判定ができます。
採血後5分ほどで結果が出ますのでご来院いただいた当日に検査結果をお伝えすることができます。

HbA1c測定器

血糖が高い状態が長期間続くと、血管内の余分なブドウ糖は体内の蛋白と結合します。赤血球の蛋白であるヘモグロビン(Hb)とブドウ糖が結合したものがグリコヘモグロビン(HbA1c)です。
糖尿病の検査として行われている血糖値の測定は、その検査の時点での血糖の状態を示すものに過ぎません。血糖は検査前の食事や運動、精神状態などに影響されやすく、短時間で急激に変動します。また、初期の糖尿病では血糖値が上がらない場合もあります。
しかし、グリコヘモグロビンはゆっくりと時間をかけてブドウ糖と結びつく性質があり、その値は徐々に変化します。また、一度結合すると、その赤血球の寿命(120日間)がつきるまで、そのままの状態を保つという特徴があります。
したがってグリコヘモグロビン値は、採血時よりさかのぼって1~2ヶ月間の血糖の平均を反映すると考えられます。そのため、検査時にたまたま血糖値が低く、見逃してしまいがちな初期の糖尿病も発見しやすくなります。また、長期血糖コントロールの目安になるため、すでに糖尿病にかかっている人が血糖値を上手にコントロールしているかどうかを判定する際にも有用です。

超音波骨密度想定装置

超音波を使って、踵(かかと)の骨の中を超音波が通るときの速度や量を計算し、値を出しています。超音波が人体を通過しても害はありませんし、測定も短時間で行えます。

レントゲン撮影装置

左右の肺や心臓など、胸部の形や病変を調べます。
肺結核、肺炎、肺がんの早期発見、心臓病の診断にも欠かせない検査です。他に腹部の疾患の診断にも有効です。

干渉電流型低周波治療器

神経の働きを調整し、身体の不調を和らげるのが干渉波治療法です。手足の神経を刺激して、マヒ等に効果があるとともに、筋肉をマッサージして凝りなどを和らげ、血行を促進する効果もあります。

携帯心電図

「心臓の鼓動がおかしい」「突然、動悸が激しくなる」「脈拍が変だ」こんな体調の変化は、心臓病の症状かもしれません。

しかしそのような症状が治まった後に病院に行っても、異常が確認されないことがあります。

携帯心電図なら自宅や外出先でも動悸などの症状が起きたその時の心電図波形がすぐに測ることができます。

16列マルチスライスCT

CTとはComputed Tomographyの略で、体にX線を走査し、コンピューターを用いて処理することで体の内部画像を構成する技術のことです。これにより、体の外からX線を照射するだけで、頭部、胸部、腹部など様々な臓器の状態や病気を診断することが可能です。従来のCT装置では撮影するのに比較的多量のX線の照射が必要でした。当院が導入した、ドイツのシーメンス社の最新CT装置では、コンピューターによる画像処理能力が格段に進歩し、従来の装置に比べて大幅な被曝線量の低減を実現しています。従って、非常に安全で非侵襲的な精密検査を迅速に行うことが可能となりました。また、画像の読影、評価については、大分大学医学部放射線科の関連会社であるオフィス・ラジオロジスト社の専門医師にお願いし、検査の翌日には詳細な報告をしていただけるようになっています。気になる検査の費用ですが、3割負担の患者さんで4,410円、1割負担の患者さんでは1,470円となります。胸やお腹に気になる症状がある方、癌などの病気が心配な方は、是非一度ご相談ください。

TOP PAGE