便秘について

便秘とは、一般的に3日以上 又は1週間に2回以下の排便しかない場合を言います。 女性に多い症状のように思われがちですが 特に高齢になると男女問わず この症状で悩む方も多いようです。 便秘の種類と便秘薬の種類についてお話しましょう。

<便秘の種類>
弛緩性便秘:腸のぜんどう運動が弱いため便を押し出すことができない
弛緩性便秘:(なりやすい人)筋力の少ない人、高齢者、運動不足な人

直腸性便秘:直腸に便が溜まっているのに反応できず、便意を感じにくくなっている
直腸性便秘:(なりやすい人)忙しくてゆっくりトイレに行けない、トイレをがまんしてしまう人

けいれん性便秘:精神的なストレスなどが原因で腸のぜんどう運動が強くなりすぎ、腸が狭まることで便が詰まり
けいれん性便秘:やすくなる
けいれん性便秘:(なりやすい人)ストレスの多い人、睡眠不足など生活のリズムに乱れがある人

食事性便秘:食事全体の量や食物繊維の量が不足しているために、腸の動きが鈍り便が固くなってしまう
食事性便秘:(なりやすい人)ダイエットしている人、小食な人、食事が偏っている人

器質性便秘:腸や肛門の疾患や形の異常などが原因でおこる便秘

<便秘薬の種類>
緩下剤・・・緩やかに効く・お腹が痛くなりにくい・くせになりにくい・効き目が出るまで時間がかかる
緩下剤・・・(酸化マグネシウムなど)

刺激性下剤・・効き目が実感しやすい・お腹が痛くなることがある
刺激性下剤・・効き目が現われるタイミングをコントロールしにくい(センノサイド、センナなど)

座剤・・・即効性がある(数分)・お腹が痛くなることがある(レシカルボン坐剤など)
座剤・・・炭酸ガスを発生して腸を刺激して排便を促す

浣腸・・・即効性がある(グリセリン浣腸など)
浣腸・・・直腸の粘膜に直接刺激を与え、ぜんどう運動を促し便をやわらかくする

便秘薬は薬剤の数も多く、違いもあるので、ご自身の症状に合わせて選び使ってみるのもよいでしょう。
しかし、基本は食生活、運動、生活習慣、生活リズムの見直しなどが便秘の改善に良いと言われています。意識して取り組み、続ける事が望ましいでしょう。